患者のケアを受けている医者

リフォームで快適生活

サポートする手

必要な介護リフォーム

日本はこれから本格的に少子高齢化時代に突入します。いまでも、お年寄りも多いように感じますが、それよりももっと多くなるのですから想像以上でしょう。2040年ころにはそれがピークを迎えます。一人の若者が支えるお年寄りの数が一番多くなるのです。ですから、家で介護することも増えてくるでしょう。それを見据えて、最近では介護リフォームにも力をいれて取り組んでいます。介護リフォームとは、介護される人が自分の身のまわりのことはできるように利便性をかんがえたり、介護する人に負担を与えないような造りにすることです。水回り部分を寝室の周りに備え付けることも、その取り組みのひとつです。これからもっと需要がふえてくるでしょう。

介護する人と介護される人にやさしい家

リフォームはそこに住む人にあわせたものが造れるので魅力があるのでしょう。子供が小さい家庭は、子供中心の間取りを望むでしょう。お年寄りがいれば、手すりを設けたり、バリアフリーにすることで、移動を楽にすることができます。いまでもこのような家造りはありますが、これからは高齢化住宅からもう一歩踏み込んだ介護住宅の需要が増えるでしょう。そうするためには介護リフォームをして、住みやすくするしかないでしょう。介護リフォームはまだ開発段階といっていいでしょう。リフォーム業者も介護については素人なので、医師や作業療法士と連携しながら開発をすすめています。介護される人や介護する人にもやさしい家がこれから必要となるでしょう。

注目の記事