患者のケアを受けている医者

快適だけじゃない良さ

車いすが置いてある

上手に活用し快適な介護を

介護リフォームは介護する側とされる側、双方にメリットがあるのが望ましい形です。そのために気にかけて置かなければならないメリットとは、自己の防止、介護を受ける側の自立心の向上をはかる、介護する側の負担の軽減、という3点がポイントとなります。介護リフォームは快適に過ごすための目的で行われるものであるのです。また、助成金が出る場合などもありますので、事前に住んでいる地域の方針を調べておくことによりお得に利用できるのです。また、自分にあった業者を探し、不安や希望などをしっかりと、納得の行くまで話し合っておくことが大切です。そのようにすることにより、後々トラブル回避にも繋がり、気持ちのよい介護リフォームが実現できるのです。

気になる価格はどのくらいでしょう

介護リフォームの良さを知っていても、気になるのは価格や相場だと思います。工事の場所はこのような所が一般的です。家の中にある段差をなくす、手すりを付ける、すべらない素材へ変更する、足元や移動場所を明るくし危険を減らす、引き戸に変える、風呂場や脱衣所などのヒートショック対策、などがあげられます。相場は業者により様々ですが、100万円〜200万円が多いと言われています。例えば、風呂場のリフォームでは浴槽を広くし、手すりを取り付けた場合に150万円程度であると言えます。しかし、業者により開きがあるので、必ず事前の見積もりなどで明朗にしておくことが大切です。介護リフォームは長い付き合いになることが多く、信頼の置ける業者を見つけると良いと思います。

注目の記事